Policy of Truth

~ただしいことを信条にしたらあかん~

キャラクター

小栗旬が主演をした「ミュージアム」って映画があったけど、それは和製「セブン」って売りでした。
本作品も小栗旬をブラッドピットに寄せた、「セブン」からの創作という感じですね。
ミュージアム」よりも格段にサイコサスペンスとしての出来がよかったですね。

内容の方は、漫画を模倣した猟奇殺人が描かれるのですけれど、同時にその映画が「セブン」の内容をなぞらえている。
なので、話の展開はある意味で折込済みって感じになるんだけど、良い意味での差別化や驚きもあったし、
「セブン」を観た直後のやりきれない感を同じように感じれたのは、模倣が効果的に作用したってことなんだと思います。

オープニング部分は完全に「セブン」寄せだったけど、あのソリッドな感じは本家越えじゃないかと
思うぐらいにかっこよかったな。

f:id:msz-x:20210625102457p:plain